Green roof のちらし

Green roof のちらし

グリーンルーフ USHIO 節電 屋根緑化システム

ルーフについての特徴をご紹介しております。グリーンルーフ効果はすごいもので屋根の表面温度が、30-40℃下がり、室内の温度が3-4℃下がることが確認できています。

Leaflet(GreenRoof)_Japanese  <= クリック

POINT 1

折板屋根の場合、屋根の 表 面 温 度 を 日 中60 ~ 70 ℃から 30 ~ 40 ℃ 程度にまで半減

POINT 2

熱の屋内への侵入が激減することによ り屋根裏空間や室内温度が10~ 17時 平均で3 ~ 4℃下がり、電気代の節約 に寄与します。(タイでの実験)

POINT 3

厚さ7cm、重さ23Kg/㎡(水を含んだ最 大重量)ほどのマットシステムで施工は 簡単、植物・屋根のメンテナンスも容易 で雑草が育ちにくいシステムです。

土を使わないマットシステム

より軽量で施工が簡単、雑草 が育ちにくく、屋根のメンテナ ンス時も巻き上げるだけ

昼夜間における屋根の温度差 が減少

熱膨張・収縮、紫外 線によるダメージを軽減

マットの保 水 力(15 ~17リットル/ ㎡) により、建屋周辺への冠水を軽減

雨音を25%に削減 (タイでの実験)

植物によるCO2 吸収 効果(タイでの実験)

ここでは、特徴をまとめました。

屋根の表面温度が、30-40℃さがること。

それによって、室内の温度が3-4℃下がること。

重さは、水を含んでも23kg/㎡ととても軽いこと(土を使わないタイプ)

折板屋根の工場の場合、雨音がうるさいのですが、25%も軽減できて、普通に会話できるようになること。

豪雨であっても、水を最大17L/㎡吸収すること。

屋根の寿命を長くできること。

CO2 の削減にも寄与できること。

もし、いずれかの機能をお探しでしたら、お問い合わせください。

social position