default

グリーンビルディングの神話の正体

グリーンビルディングは、コストがかかるのか

答え:いいえ 毎日、設計士や建築業者と打ち合わせしていますが、グリーンビルディングはコストがかかるという議論があります。 それに対しては、物によるといえます。 人工的な芝を使えばかなり安く話しますが、そのビルの利用者は、コスト以上に教授する価値を感じているのです。 私たちのグリーンルーフは、狙いどうり、ほとんどメンテナンスを必要とせず、持続可能性とエコシステムを両立しています。

thailand-green-roof

個人の物件や政府ビルはグリーンビルにするのは難しい。

bukit-timah-green-roof-sg

神話その2 これもウソ: シンガポールのTree houseコンドミニアムは、実際、世界最大の垂直にそびえるガーデンで、2014年の世界記録です。

green-scenery

Bukit Timahの貯水池二ほど近い、このビルは、24階まで、自然のグリーンファサードに覆われています。 雨水も集められて、ビルの灌水システムに再利用されています。 そしてこれも、個人向けのグリーンビルディングなのです。

私たちのグリーンルーフは、シンガポールのEdgefieldsなのか

119-EDGEFIELD-GREEN-ROOF-BANNER

いいえ: グリーンルーフは、最小限のメンテナンスで、数十年も使えます。 上記は、シンガポールの政府系住居の屋上の、我々の数あるグリーンルーフ案件のうちのひとつです。 グリーンルーフは、単に都市部のヒートアイランド現象の軽減だけではなく、生物多様性や雨水の収集、豪雨対策でもあるのです。 ほとんどの建築業者はメンテナンスのことを気にかけています。 ですが、私たちのガイアマットシステムは、こうした都市伝説を寄せ付けないほど、メンテナンス負担を軽減しています。 最初の1ヶ月で、目視チェックし、続く6ヶ月目では、簡単な微調整の刈り込みをするだけ。 土壌を使わないので、雑草や泥に悩まされることもありません。 自動灌水ドリップラインもメンテナンス負荷の低いシステムです。 軽量で土壌を使わないということは、どんな傾斜地のどんなタイプの屋根でも使えることを意味します。

 

結論として、”緑化することは高くつく”ということへの返答としては、費用対効果の高いグリーンソリューションを提案できること、また、長きにわたり、グリーンであることをお楽しみいただけるとご記憶ください。